いびきと肥満

いびきと肥満には密接な関係があります。


ですから肥満の人は注意です。


無呼吸症候群で
体重の増加(肥満)で
大きないびきをかくという特徴があります。


いびきは体重の増加ととも大きくなるため、
「大いびき」をかくようであれば
注意が必要です。


とくに若いころの体重に比べて
大幅に増加した場合には
睡眠時無呼吸症の傾向が強く現れます。


例えば20代の頃の体重が
50キロであったものが80キロになった場合は
肥満傾向にあるといえるでしょう。
首・舌が太くなり、気道を圧迫します。


身体全体の重さが増えれば
当然顎や首周が太くなるなります。


結果として
睡眠時には気道を
前後左右全体で圧迫させ気道が
狭くなっている可能性があります。


また、舌も肥大するため睡眠時には
その重さで気道に落ち込みやすく
気道が狭くなり、
いびきの発生へとつながります。


スポンサード リンク

いびきについて
いびきは怖い病気
いびきと肥満
無呼吸症候群
無呼吸症候群とは
無呼吸症候群の治療法
無呼吸症候群の外科治療
無呼吸症候群は病院で

スポンサード リンク