無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは
名前のとおりなのですが、
寝ているときに一時的に呼吸が止まることです。


当然、その間は
呼吸が出来ていない状態なので、
心身ともに疲れが残ります。


ぐっすり寝ているのに、
疲れが取れない方などは要注意ですね。


これによる居眠り運転で
事故を起こしてしまったというケースもあるので、
いびきがウルサイ人は
病院で一度チェックをしてもらいましょう!


無呼吸症候群とは、具体的には
睡眠時に無呼吸を繰り返して、
その結果、
日中に眠くなる熟睡感がないなどの
症状を呈する疾患のことをいいます。


もっと具体的に説明しますと
無呼吸(10秒以上の呼吸停止)を
一晩7時間の睡眠中に30回以上、
あるいは一時間当たりに5回以上起こす病態です。


無呼吸症候群には、
中枢型と閉塞型と2種類あります。



【中枢型】

脳障害を持っていると、
脳からの伝達が上手くいかなくなり
息が出来なくなることでおこるタイプです。


【閉塞型】

肉がつきすぎといった、
色々な理由で
ノドの気道の部分が閉じてしまうことで
呼吸が出来なくなる。


殆どのパターンが
閉塞型の睡眠時無呼吸症候群ですね。


とにかく、無呼吸症候群の場合は
早めの治療が必要です。


スポンサード リンク

いびきについて
いびきは怖い病気
いびきと肥満
無呼吸症候群
無呼吸症候群とは
無呼吸症候群の治療法
無呼吸症候群の外科治療
無呼吸症候群は病院で

スポンサード リンク