無呼吸症候群の外科治療

外科手術で無呼吸症候群を治療する事について
少しお話してみたいと思います。


気道内の扁桃の極端な肥大、
口蓋垂(のどちんこ)が極端に長いなどのような
病的症状には外科手術の必要があります。


いびき、睡眠時無呼吸症候群の手術で
最も広く行われているものが、
UPPPとLAUPです。
 

両者とも気道が狭く
閉塞をおこさないように
喉の形を変えることにあります。


また、外科的に咽頭部を拡大するので
呼吸がしやすくなり
体内の酸素量も増加します。


酸素量が増えれば
心肺系の負担が減るため、
いずれも高血圧や循環器系などの
合併症抑制にも有効でしょう。


睡眠時無呼吸症候群に有効な方法です。


口蓋垂を含めた軟口蓋を
外科的に切除します。


次に口腔側と鼻腔側の粘膜とを縫い合わせて
上咽頭部の拡大と突っ張った緊張状態を作ります。


上咽頭部の拡大緊張が保てれば
落ち込んでいた舌や咽頭部分の空間が確保できます。


レーザーで部分的に焼き切ります。


UPPPより切除する領域は少なく、
対象はいびきの治療となります。


スポンサード リンク

いびきについて
いびきは怖い病気
いびきと肥満
無呼吸症候群
無呼吸症候群とは
無呼吸症候群の治療法
無呼吸症候群の外科治療
無呼吸症候群は病院で

スポンサード リンク