無呼吸症候群は病院で

無呼吸症候群は
病院で受診する事が大切です。


もし、他人やベッドパートナーから
いびきや呼吸の停止を指摘されたら
受診をするようにしましょう。


また、夜寝ているときの様子は
ご自分ではわからないので
可能であればベッドパートナーに
同席してもらうのがよいでしょう。


問診では、
自覚症状、生活習慣や合併症、
交通事故やニアミス経験などについて
お聞きします。


また、
現在服用しているお薬についてもお聞きしますので、
持参されるとよいでしょう。


眠気は客観的に判断するために
アンケートが多く用いられています。


ESSの眠気のテストを行います。


質問項目に、
どのくらいうとうとすると思いますか?
というアンケートみたいなのものに
回答します。


スポンサード リンク

いびきについて
いびきは怖い病気
いびきと肥満
無呼吸症候群
無呼吸症候群とは
無呼吸症候群の治療法
無呼吸症候群の外科治療
無呼吸症候群は病院で

スポンサード リンク